債務整理のデメリット|5分で分かる債務整理!

債務整理のデメリット|5分で分かる債務整理!

債務整理のデメリット

債務整理の手段とそのデメリット

借金を借金で返すような自転車操業状態で、いつ返済し終えるのか分からない、
見通しがつかないなどの苦しい借金生活を解決する方法、それが「債務整理」です。

 

まずは、債務整理のどの手段があなたに適しているか?
▼無料・匿名診断してみましょう▼


⇒無料シミュレーターはこちらから

 

⇒今すぐ簡単に解決したい方はこちら

 

債務整理には

  • 特定調停
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

などの方法があります。この中で一番耳慣れた単語は「自己破産」だと思いますが、他にも借金を減らす方法があります。

 

特定調停

裁判所は選任した調停委員が、債権者や債務者の言い分を聞き話し合いを行いながら、負債を減らす方法です。

デメリット

調停までには最低2ヶ月ほどかかるので、その間に生じた延滞金を借金に加算される可能性があり、過払い金がある場合は再度過払い金返済請求をしなければなりません。

 

任意整理

裁判所を通さず債権者と債務者(主に弁護士・司法書士が代理で行う)が任意で話し合いを行い、利息や毎月の支払いを減らしてもらい、完済を目指す方法です。

デメリット

債権者の同意がないと行えない、5〜7年の間信用情報機関へ情報が登録されますので、ローンやクレジットカードを作ることができなくなります。

 

個人再生

無担保で5千万以下の負債を抱え、継続的な収入があり、借金を返せる見込みがある個人が裁判所に申し立てをすることができます。

デメリット

3年以内に返済をせねばならず、自宅を手放さなくても返済ができますが、個人再生を利用するには一継続的な収入がなければなりません。

 

自己破産

何かしらの理由で借金を返すのが難しくなったという人の為にある救済策が債務整理であり、色々と種類はありますが、一般的に知名度が高いのは自己破産です。
自分では借金を返せなくなった場合、債務者に代わり財産を公平に分配する方法です。

 

自己破産の最大のメリットは、借金を全額免除してもらえると言う点であり、毎日催促の電話や手紙が一切なくなるので、精神的に楽になります。
自己破産したからといって、全てが免除になると言うわけではなく、公共料金や税金、社会保険料は免除の対象外で支払う義務がありますので、そこのところを勘違いしないようにしてください。

デメリット

メリットだけみると、自己破産はとても魅力的なものに見えますが、当然デメリットもあり、所持している一定額以上の貯金や不動産は失う事になりますし、官報に自分の名前や住所などが記載されますので、悪徳業者が官報をみて、悪質なダイレクトメールを送ってくる可能性があります。
自宅や車などの財産を一切手放さなければなりませんし、本籍地の破産者名簿に名前が載ります。自己破産を行うことによって制限される資格があります。
(弁護士、公認会計士、警備員、有限・株式会社の取締役、監査役など)
自己破産を行った後は、7年間は再度自己破産はできません。

 

また、自己破産すると信用情報機関でブラックリスト化される場合がありますので、数年間は、クレジットカードやローンを組むことが難しいです。
クレジットカードは作れなくなりますが、銀行の通帳を作ったり預金する事は出来ますので、安心してください。

 

債務整理を行うことで、生活を立て直すことができますが、さまざまなデメリットもあります。そこをふまえて借金を返済していきましょう。

 

どの手段が最適?

▼無料・匿名診断してみましょう▼


⇒無料シミュレーターはこちらから

 

債務整理の相談は法律事務所へ

 

自己破産は、借金地獄に陥った人からすればとても助かる制度ですが、弁護士を通して申請していない場合は複数回裁判所に通うことになりますし、色々と手続きが面倒な事が多いです。
もしみなさんが債務整理でお悩みであったならば、どこかに相談をしようと考えていらっしゃる方がほとんどではないでしょうか。

 

借金が返せない…そんなときはまず相談

債務がかさんでしまう原因には様々なものがあります。遊行費として使ってしまった場合ももちろんあるでしょうが、家族に重大な病気が見つかってしまい、医療費に莫大なお金がかかってしまって借り入れを行わざるを得なかった場合、経営していた会社が破たんしてしまった場合、何かの保証人になっていて、それが結果的に自分のところに回ってきてしまった場合など、世の中には色々な方がいらっしゃるのです。

 

借金解決には専門家の意見が重要

その債務整理を行うには、何よりも法律事務所に相談をされるのが一番でしょう。法律事務所には、債務整理の問題解決に関しての専門知識を豊富に備えたプロがいます。自分ひとりで悩んでいても解決に向かうとは考えにくい問題ですから、法律事務所をうまく活用して債務整理を行っていくことが大事です。

 

とても返しきれないほどの債務があるのであれば、最終的には自己破産という形になるのでしょうが、その手続きはとても複雑で、自分ひとりでやろうと思ってもなかなかできるものではありません。

 

それであれば、多少相談に費用が掛かってしまっていたとしても、その道のプロに手続きを依頼して、後々のトラブルのもとを消してしまうほうが良いのではないでしょうか。
新たな再出発を安心して踏み出していけるように、債務整理の問題はまず法律事務所に相談しましょう。

 

専門の弁護士に依頼するのがベスト

もし、自己破産申請しようと思っているのであれば、弁護士や司法書士に依頼するのをオススメします。
自分で手続きをしようと思っても書類の作成だけでも心が折れてしまうと思います。

 

費用について

気になる費用ですが、債務整理をする人がお金を持っていない事は弁護士も分かっています。
初期費用・着手金が無料でサポートしてくれる所を選びましょう。

 

借金専門の事務所がベスト

弁護士と言っても様々なタイプの人、法律事務所がありますので
借金問題を得意とする専門の弁護士に相談するのがベストです。

 

借金問題に強い相談料も無料の法律事務所

弁護士法人RESTA法律事務所
無料相談受付中!
  • 初期費用なし・後払いOK・分割払いOK
  • 365日24時間対応
  • メール・電話相談OK

⇒【弁護士法人RESTA法律事務所】無料相談はこちらから

>>【無料電話相談】0120-501-605

その他の事務所

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ

 

人によっては自己破産までしなくても助かる場合もあります。
まずは弁護士さんに相談するところから始めて下さい。