債務整理について弁護士選び※借金が返せないときはまず相談

債務整理について弁護士選び※借金が返せないときはまず相談

債務整理について弁護士選び※借金が返せないときはまず相談

返済しきれない借金を抱えてしまった場合、取り立てや利息などでますます状況が悪化したり精神的に不安定になりがちな問題が生じます。
債務整理すると法的に見直しを行うことで無理のない返済計画をたてたり、借金を清算することができます。裁判所を通さずにできる、任意整理という方法で債務整理するとカード会社のブラックリストには名前が掲載されるものの、官報や破産者リストに載ることもなく行動先が制限されることもないのでその後の実生活に影響が出る事はほとんどありません。
住宅ローンを除く借金を処理できる民事再生は家を手放さないですむことが最大の利点ですが、債務整理すると債務者の代理人として弁護士をたて、裁判所で手続きをする必要があります。信用機関からの借り入れはその後7年ほどできなくなります。

債務整理におけるデメリット

自己破産はすべての借金を帳消しにできる国が定めた決済方法です。
多重債務などからも逃れる事ができ、再スタートできますがその後欠格要件として
破産者が該当する一定の職種につくことができなかったり、家や車などを手放さなければいけないので状況によってはかなりの影響がでますが、生活に最低限必要なものは保証されます。信用問題に関しては7年ほどブラックリストに掲載されるので、借り入れには影響がでます。
このほか弁護士に依頼して過払金を整理することで借金が大幅に減ることがあります。どの方法でも自分の勤務先に公的な機関から通知が行くことはないので、知られずに整理を行う事ができます。

−注目記事−