債務整理するとどうなる?※借金返済でお困りの方無料相談

債務整理するとどうなる?※借金返済でお困りの方無料相談

債務整理するとどうなる?※借金返済でお困りの方無料相談

債務整理は借金の総額を減らす事ができたり、毎月の支払を返済しやすい額にする事ができるので借金に苦しむ人には有効な救済措置となっています。しかし債務整理をする時には1つ気をつけなければいけない事があります。
それは借金をする時に知人や家族に連帯保証人になってもらっている場合です。連帯保証人がいる借金を債務整理すると、連帯保証人が借金をした人にかわって借金を返済しなくてはいけなくなります。

様々な債務整理とデメリット

債務整理の中でも任意整理の場合は、対象となる借金を選ぶ事ができるので、連帯保証人がついている借金は任意整理の対象から外せば迷惑をかけることはありません。
しかし債務整理の中でも個人再生や自己破産は全ての借金が対象になります。個人再生や自己破産すると、連帯保証人は借金の返済をしなくてはいけないだけではなく、一括返済しなくてはいけなくなります。これはかなり負担が大きく、払えるだけの資産があれば良いのですが、そうでなければ連帯保証人も一緒に自己破産などの手続きを取った方が良い場合があります。そうすると借金を返済する義務はなくなるので、膨大な借金に悩まされる事はなくなります。個人再生や自己破産をする前には、そういったことも考えてする必要があるのです。
また任意整理の場合も、借金の返済が大変な場合には連帯保証人がいても債務整理したいという事もあります。そういった場合には連名で任意整理するという方法をとることもできます。

−注目記事−