債務整理すると生命保険はどうなる?

債務整理すると生命保険はどうなる?

債務整理すると生命保険はどうなる?

債務整理をしなければならない状況になったとしても、万が一のための生命保険は残しておきたいと願う人が少なくありません。債務整理と生命保険の関係は債務整理の方法によって違ってきます。

保険タイプによってデメリットは変わってくる?

生命保険には「掛け捨てタイプ」と「積立タイプ」があります。
掛け捨てタイプの生命保険は単に保障をしているだけで資産価値はありませんので、何の問題もありません。

 

ただし、積立タイプの生命保険の場合は違ってきます。
積立タイプは解約すると、「解約返戻金」が発生します。要するに、支払った保険料の積立てられた分からお金が戻ってくる仕組みになっています。そのため自己破産の場合は、この解約返戻金が「20万円」を超えていると、裁判所から解約を命じられる場合があります。

保険と関係のない債務整理ってないの?

債務整理でも任意整理の場合は、裁判所を通さずに債権者と債務者の間での話し合いで解決を図るので、生命保険は一切関係ありません。

 

また、個人再生も自己破産とは違って財産が処分される手続ではないため、生命保険や医療保険などの保険はそのまま利用し続けることができます。
ただし、個人再生では最低限、財産額以上の支払をする必要があるため、解約返戻金が高額の場合には、支払保障額も高くなります。

 

ちなみに、自己破産後に生命保険に加入することは可能です。
債務整理の事故情報が影響するのは銀行や信販会社などの金融機関のみで、生命保険会社は関知していません。

−注目記事−